メーカーに修理依頼するメリット

直接店舗に行くことができなくても修理してもらえる

メーカーに修理依頼をすると、直接店舗に行けない場合でも対応してもらえます。事前にメーカーに電話連絡をしておけば、メーカーから故障しているiphoneを送るよう指示してもらえるので、指定されたメーカーの住所にiphoneを送付すれば修理できます。また、修理している間iphoneが手元にない状態になってしまいますが、修理期間中だけ代替機を借りれば問題ありません。代替機は、故障内容が保証の範囲内であれば無料で借りることができます。しかし在庫がない場合もあるので、事前にメーカーに連絡して代替機の在庫があるかどうか確認してください。代替機を借りる際には運転免許証やパスポートといった本人確認書類が必要になる可能性が高いので用意しておきましょう。

メーカーの部品は品質が良く修理にかかる費用も安い

メーカーに修理を依頼すると、iphoneに使用されている部品の質が良いためきちんと修理してもらえます。バッテリーや液晶パネルなど、iphoneは一つ一つの部品が精巧にできています。そういった精密機器の部品は、品質が良くなければまたすぐに故障してしまう可能性があります。メーカーでは純正の部品を使用しているので安心です。また、修理費用に関しても、事前に保証サービスに入っていれば安く修理してくれるでしょう。このような保証サービスに入っていれば、購入後1年から2年の範囲内での故障であれば無料で修理してもらえるケースもあります。メーカーによって無料修理期間は異なりますので、事前に確認してください。しかしiphoneを水の中に落としてしまった場合などはユーザー側に過失があるため、無料修理期間中であっても多少修理費がかかります。

iphoneの充電ができないときはまず、充電器を変えてみてください。変えて充電できれば充電器に問題があります。再起動しても充電器を変えても充電できない場合はiPhoneに問題がありますので速やかに修理に出しましょう。